カウンター
 
 
Twitter
 
 
プロフィール
 

Lime Flavor

Author:Lime Flavor
スムースジャズ、80年代ミュージックが好きな子供おじさんのブログ。乏しい音楽知識と語彙力は、熱意と底力でカバー!(笑

写真は、このブログのマスコットキャラクター「ぴーちゃん」です。
ヨロシクだぴー♪

ブログランキングはじめました。
↓↓押してくれると嬉しいです♪

 
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
 
[ジャンルランキング]
音楽
4709位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
506位
アクセスランキングを見る>>
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

Tom Braxton / Endless Highway

 
2011/11/23(Wed) Category : Smooth Jazz
Endless HighwayEndless Highway
(2009/10/06)
Tom Braxton

商品詳細を見る


ここ最近に購入したスムース・ジャズのCDの中で、久しぶりに"アタリ"だった作品。名前も聞いたことのないサックス奏者だったけれど、オフィシャルサイトをのぞいてみたところ、1992年のデビュー以来通算8枚のアルバムをリリースしていたと知りビックリ。私もまだまだ浅学だね・・・・(o^∇^o)ノ

本作「Endless Highway」は2009年にリリースされた8thアルバムで、彼の現時点での最新作。アルバムジャケットからは、R&Bやヒップホップのリズムを使ったチルアウト系の音を思わせますが、聞いてみるとFunkやAORをベースにした明るい曲調が多め。Jeff Kashiwaを彷彿とさせる爽やかなで癖のない演奏も個人的に高得点でした。ぽかぽかした陽気とリラックスした空間に似合いそうなSmooth Jazzの良盤。買って損はないです。


【ちょっと視聴のコーナー】




スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Brian Culbertson / XII

 
2011/10/05(Wed) Category : Smooth Jazz
XIIXII
(2010/07/20)
Brian Culbertson

商品詳細を見る


Smooth JazzキーボーディストBrian Culbertsonが2010年にリリースした今のところの最新作。通算12枚目の作品ってことでアルバムタイトルは"XII"。

この作品を聴くと、前作"Bringing Back The Funk"が彼の音楽スタイルのターニングポイントだっことが、よーく分かります。"Bringing Back The Funk"は従来のスムースジャズ路線から離れ自身のルーツと語るファンクミュージックに耽溺した言わば「脱スムースジャズ」的な作品。

このアルバムもその路線を踏襲していて、収録曲12曲中5曲がファンクーやR&B系の歌もの。残りの楽曲はポップなインスト曲。正直にいうと本作収録のインスト曲はあまりスムース・ジャズっぽくないんですね・・・・。

ブライアンがスムースジャズの風雲児とまでいわれた所以である、エレガントで都会的な作風から、なんとなく歌謡曲ぽい作風に変わったように感じるのは私だけでしょうか。このまま「脱スムース」していくのかなぁ。

【ちょっと視聴コーナー】





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Can't Get Enough / Tommy Emmanuel

 
2011/09/26(Mon) Category : Smooth Jazz
Cant Get EnoughCant Get Enough
(2004/01/20)
Tommy Emmanuel

商品詳細を見る


すっかり秋めいてきて夏の暑さを忘れつつある今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか。本日紹介する作品はTommy Emmanuelの"Can't Get Enough"
1996年リリースの作品でございます。

いまではすっかりソロギタリストとして認識されているTommy Emmanuelですが、
ここに収められている音は、どこをどう切ってもスムース・ジャズ!

Larry CarltonやChet Atkins、Nathan East、Warren Hillなどの
豪華ゲストと共に奏でられるトミーのアコースティック・ギター(スチール弦)の
じつに心地よいこと。ときには疾風の如く軽やかに、ときには木漏れ日のように優しく変幻自在にギターを弾きこなす姿は、さずがギターレジェンドのChet Atkinsから「世界一ギターが上手い奴」といわれるだけのことはあります。(彼のギタースキルを堪能したい方は是非ソロギターのアルバムを)

しかし、私がここで特筆しておきたい点は、ギターの技術ではなく、彼の作曲能力の素晴らしさ。まるで歌入りの楽曲用に書いたかのような口ずさみやすいメロディーと、聴き手を飽きさせない巧みなアレンジ術にはただただ感心するばかり。
これが彼をソロギタリストとしても成功させた一番大きな理由でしょう。

捨て曲無しの名盤。スムース系のCDはそれなり沢山聞いてきましたが、
これほど質の高いアルバムにはなかなか巡り合えません。
是非聴いてみてください♪

【ちょっと視聴コーナー】






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このCDいいかも!!と思った方はプロフ欄のランキングボタンを
ポチっとしてね♪押してくれたら嬉しいです
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

In Deep / Marion Meadows

 
2011/09/16(Fri) Category : Smooth Jazz
In DeepIn Deep
(2002/07/23)
Marion Meadows

商品詳細を見る


帰り道にふらりとよった中古CD屋でみつけた商品。

Marion Meadows・・・・・
たしかSmooth Jazz系のアーティストだったかな・・・・

程度の認識しかなかったけれど、アルバムの裏面に
Will DowningやBob Baldwinの名前を見つけたので
購入してみました。(とーっても安かったしね 笑)

それで、さっきからワインを飲みつつ聴いているワケですが、
このアルバム、ワインがとてもよく似合う!!

ジャズファンク寄りのスモーキーで大人なSmooth Jazzサウンド。
サックス系Smooth Jazzの醍醐味である高揚感をもたせつつ
チルアウト効果も抜群。

適所にフューチャーされているWill Downingの渋系コーラスが
また素晴らしく、適度にラグジュアリーな雰囲気も感じる
まさに秋の夜長に映える作品です。

夜はなんとなく秋らしさを感じられるようになってきたこの頃。
このアルバムを聴きながら、秋の夜長を楽しみませんか??


【ちょっと視聴コーナー】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このアルバム、いいかも!と思った方はプロフ欄の
ランキングボタンをぽちっと押してもらえると嬉しいです♪

 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Nice & Slow / Brian Culbertson

 
2011/08/22(Mon) Category : Smooth Jazz
Nice & SlowNice & Slow
(2001/06/11)
Brian Culbertson

商品詳細を見る

スムース・ジャズ・ピアニストBrian Culbertsonが2001年にリリースしたアルバム。

ここ数年のカルバートソンの作品は、自身の音楽的ルーツであるファンク・ミュージック寄りの楽曲が増えSmooth Jazzらしさが(インストナンバーにおいても!)段々と無くなってきていて、スムース・ジャズ・ファンの僕にとってあまりパッとしないわけですが・・・・本作「nice & slow」は骨の髄までスムース・ジャズしている "100%スムースジャズ!" な作品です。

ゆったりとしたR&Bのリズムにのせて展開される、繊細なメロディーと美しいハーモニーが絶品。エレガントな夜に映える大人なサウンド。スムースジャズファンなら是非手元に置いておきたい作品です。


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
リンク
ブログ内検索
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
小さな天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。