カウンター
 
 
Twitter
 
 
プロフィール
 

Lime Flavor

Author:Lime Flavor
スムースジャズ、80年代ミュージックが好きな子供おじさんのブログ。乏しい音楽知識と語彙力は、熱意と底力でカバー!(笑

写真は、このブログのマスコットキャラクター「ぴーちゃん」です。
ヨロシクだぴー♪

ブログランキングはじめました。
↓↓押してくれると嬉しいです♪

 
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
 
[ジャンルランキング]
音楽
4685位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
489位
アクセスランキングを見る>>
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

フュージョン・シャワー

 
2009/07/15(Wed) Category : Jazz・Fusion
フュージョンシャワー

帰りに立ち寄った某中古店で見つけたでやんす!87年にビクターから発売されたオムニバスアルバム「Fusion Shower」。超レア盤にも関わらず、1000円ポッキリとは・・・・・・・。

全14曲中、8曲がフルーツ・ケーキのナンバー。4曲がLAスーパーリズム。後はエレメンツとロニー・モントローズが1曲づつ。低価格でよい物が手に入りました。家宝にいたしやす。
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Shakatak / Night Birds

 
2009/07/01(Wed) Category : Jazz・Fusion
ナイト・バーズ(K2HD紙/ジャケット仕様)ナイト・バーズ(K2HD紙/ジャケット仕様)
(2008/06/04)
シャカタク

商品詳細を見る


本日は、フュージョンバンドShakatakの大ヒット作「Night Birds」を紹介します♪

まず気になるのが、この意味深なバンド名。「しゃかたく」漢字で表記するなら釈迦宅で、すなわち"寺"ってことになる。これには深いワケがあって、バンドのリーダであるビルシャープが日本を訪れた際、かの国宝、法隆寺釈迦三尊像に深い感銘を受け、それに由来してつけられた・・・・・・・・・

というのは真っ赤な嘘。

お世話になったレコード店(RECORD SHACK)の名前と、襲撃の意の英単語"ATTACK"をもじって、SHAKATAKとしたらしいです。海の殺人サイボーグ=鮫の襲来。シャークアタック!(なんか売れないロックバンドみたいですねぇ。)

そのシャカタクは、1980年に英国で結成されたフュージョン・ジャズファンクバンド。結成から30年近くたった今でも、ちゃんと活動している息の長いバンドでございます。

海外での現知名度は分かりませんが、ここ日本では、今もなお根強い人気を保持しており、海外フュージョンといえばまずこのバンドを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか??

彼らのサウンドの肝は、ビルシャープの華麗で冷ややかなピアノサウンドと、ファンク独特の横揺れリズム&女性によるコーラス。そのキラキラした音色から「クリスタルサウンド」などとも呼ばれております。

そんな洒落たシャカタクサウンドを体感するのにBESTな作品が82年リリースの本作「Night Birds」でして、アルバムタイトル曲などは聴けばわかる方も多いんじゃないでしょうかね。夏の夜中を華麗に彩るクリスタルサウンド、ナイト・バーズを是非お試しあれ!


収録曲
01. NIGHTBIRDS
02. STREETWALKIN'
03. RIO NIGHTS
04. FLY THE WIND
05. EASIER SAID THAN DONE
06. BITCH TO THE BOYS
07. LIGHT ON MY LIFE
08. TAKIN' OFF

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Bill Evans / From Left To Right

 
2008/04/23(Wed) Category : Jazz・Fusion
From Left to RightFrom Left to Right
(1998/11/03)
Bill Evans

商品詳細を見る


本日紹介するのはジャズピアノの巨匠Bill Evansが、1970年に発表した「Form Left To Right」です。

エバンスといえばアコースティックピアノでのトリオ体制の作品が有名ですが、本作では、オーケストラをバックに、フェンダー・ローズとスタインウェイを交互に演奏しています。

この作品だけで、エバンスを図ることは愚行だと思いますし、事実、本作に対しては賛否両論がありますが、この甘美でロマンチックな世界観は世界観は筆舌に尽し難いです。真夜中に聞きたいムードジャズ。心が落ち着きます。

収録曲
01. What Are You Doing the Rest of Your Life?
02. I'm All Smiles
03. Why Did I Choose You?
04. Soiree
05. Dolphin-Before
06. Dolphin-After
07. Lullaby for Helene
08. Like Someone in Love
09. Children's Play Song
10. What Are You Doing the Rest of Your Life? [Quartet]
11. Why Did I Choose You? [Quartet]
12. Soiree [Alternate Take]
13. Lullaby for Helene [Quartet]

ちょっと試聴のコーナー

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
リンク
ブログ内検索
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
小さな天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。