カウンター
 
 
Twitter
 
 
プロフィール
 

Lime Flavor

Author:Lime Flavor
スムースジャズ、80年代ミュージックが好きな子供おじさんのブログ。乏しい音楽知識と語彙力は、熱意と底力でカバー!(笑

写真は、このブログのマスコットキャラクター「ぴーちゃん」です。
ヨロシクだぴー♪

ブログランキングはじめました。
↓↓押してくれると嬉しいです♪

 
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
 
[ジャンルランキング]
音楽
3151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
373位
アクセスランキングを見る>>
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

Ratt & Roll 8191 / Ratt

 
2011/09/27(Tue) Category : HR・HM
Ratt & Roll 8191Ratt & Roll 8191
(1991/09/03)
Ratt

商品詳細を見る


お酒を飲みながら十代の頃に撮った写真を見ていたら、
無性に聴きたくなってCD棚の奥から引っ張り出してきた。

Rattのデビュー10周年を記念して発売されたベストアルバム「Ratt & Roll 81-91」
数字の"81-91"とは、彼らがデビューした年とこれをリリースした年を意味している。
Rattといえば同じく1981年に登場したモトリー・クルーと共に"LAメタル"というジャンルを確立し引率していったバンドだけど、89年のドクター・フィールグッドで最盛期を迎えるモトリーとは対照的に、ラットはデビューアルバムで頂点を極めその後尻すぼまりという歴史を辿った。

僕自身の話ではモトリー・クルーは未だに新作が出るとチェックしているし、見には行かないものの来日情報も調べているけれど、Rattに関してはこの1991年で完全に時が止まってしまっている。過去に所有していた作品も、なんやかんやで手放してしまい手元に残っているのは、コレと1stアルバムの「Out Of The Cellar」だけ。ほんとうに全部売却しなくてよかった・・・・。

ビールを飲みつつ冒頭から聴き進めていくと、どの曲もとても懐かしく、いろんな思い出が蘇ってくる。"Body Talk"は有志で制作したビデオドラマ(内容が恥ずかしすぎて冷静に見ることができるのは50年後)で使ったなとか、"Nobody Rides For Free"を聴きながら登校時に見た青空綺麗だったなとか。そんな思い出効果もあるかもしれないけれど、数年ぶりのラットンロールは昔と変わらず魅力的にきこえた。これを機会に最近の彼らの動向もチェックしてみようかな。

それにしてもスティーヴン・パーシーの股間は、なぜあんなにもモッコリしていたのだろう。ズボンの内側にマンゴーを詰めているんだ!なんて噂があったけれどホントかな??そこは今更チェックする気もないけれど(笑)

【ちょっと視聴コーナー】


スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Motley Crue /Raw Tracks

 
2009/09/14(Mon) Category : HR・HM
raw tracks


1988年に日本限定発売されたMotley Crueのミニアルバム。収録曲は6曲で、レアな音源が集められています。

トラック1と2は81年にリリースされた1stの自主制作盤からの音源。3曲目は84年にイギリスで発売された12インチシングル収録ヴァージョン。トラック5は、85年にイギリスで発売された12インチシングル「Smookin'~」のB面に収録されていたヴァージョン。#6はライブ音源でこちらは詳細不明。

さて、本作の目玉は、幻の自主制作盤に収録されていた#1と2が収められているところ。
(ちなみに、自主制作盤は、エレクトラ版より収録曲が1曲多く、また、マスターテープは同じなものの、ロイ・トーマス・ベイカーによるリミックスが施されておらず、かなりラフで荒々しい演奏が聴けるます。現在廃盤、コレクターズアイテム。)

本作も現在廃盤となっていますが、中古店でよく売られているので、ファンの方は探してみてはいかかでしょうか。

01. Live Wire (Original Leathur Mix)
02. Piece Of Your Action (Original Leathur Mix)
03. Too Young To Fall In Love (Remix)
04. Knock 'Em Dead, Kid
05. Home Sweet Home (Remix)
06. Smokin' In The Boys Room (Live)
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Motley Crue / Raw Tracks 2

 
2009/06/25(Thu) Category : HR・HM
raw tracks 2

今夜も、ほろ酔いでよい気分になったので、さくっとアルバム紹介。ご紹介するのはモトリー・クルーの「Raw Tracks 2」

日本限定発売のミニアルバム「Raw Tracks」の第二段。リリースは1990年。収録曲は以下の通り。

01. Teaser
02. All In The Name Of.....(Live)
03. Girls, Girls, Girls (Live)
04. Slice Of Your Pie
05. Without You

トラック1は、トミー・ボーリンのカバー。トラック2と3は、89年モスクワ・レーニンスタジアムでのライブテイク。ヴィンスの喉は絶好調のもよう。きちんと声が出ています♪トラック4と5は、前年(89年)にリリースした「ドクター・フィールグッド」からの楽曲。

本作は現在廃盤ですが、ブッ○オフなど中古店でよく見かけるので、気になった方はチェックしてみてね♪♪

 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Skid Row / Slave To The Grind

 
2009/06/24(Wed) Category : HR・HM
Slave to the GrindSlave to the Grind
(2008/10/28)
Skid Row

商品詳細を見る



真夜中になり、またしとしとと雨が降り出した大阪。昨日と同様キューバ・リブレでいい感じによっぱらったので、唐突にアルバムレビュー!

紹介しますは、へビィ・メタルバンドSkid Rowのセカンドアルバム「Slave To The Grind」まぁ、深夜に聞くにはちとヘビーすぎる作品ではありますがね・・・・・。

僕のおぼろげな記憶を辿れば、メタルバンドの作品で、アルバムチャート初登場第1位に輝いたのは本作が初だったかと。(ただし転げ落ちるのも早かった)

このアルバムを聴いて、ひしひしと感じるのは「スキッズはボンジョビのように大衆ウケするバンドではなく、メタリカ、パンテラといった"コア"なバンドになりたかったのだろう」ということ。

デビューアルバムでは、コンパクトに纏まった小奇麗なメタルソングと、「I Remember You」に代表される美しいバラードを聞かせた彼らですが、本作ではスラッシュよりの重く激しい楽曲が展開されており、たいへん"男臭い"アルバムに仕上がっています。

個人的には、1st>>>2ndなんですが、本作で聴けるバスのボーカルは鬼神迫っていて、いつ聴いても凄まじいですね♪

特に思い出深い楽曲は、#7と#9。#9は地元のショボイ夜景を見ながらよく聴いたなぁ。当時のわたくし中学校2年生。学校サボったり、初めて髪染めをしたりと、いま思えば中2病全開でした

収録曲
01. Monkey Business
02. Slave to the Grind
03. Threat
04. Quicksand Jesus
05. Psycho Love
06. Get the Fuck Out
07. Livin' on a Chain Gang
08. Creepshow
09. In a Darkened Room
10. Riot Act
11. Mudkicker
12. Wasted Time





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Poison / Poison's Greatest Hits 1986-1996

 
2008/06/10(Tue) Category : HR・HM
Poison's Greatest Hits 1986-1996Poison's Greatest Hits 1986-1996
(1996/11/26)
Poison

商品詳細を見る


みなさんこんばんは。最近ブルーな日が多いライムです。元気でねぇーYO!さて、昨日6月9日は「ロックの日」!シック○ナインだろ?と思った貴方。いたって正常ですが、ここはアダルトブログではないのであしからず・・・・。

紹介するのは、昨日久しぶりに棚から引っ張り出して聴いたPoisonのベストアルバム。このアルバムは、バンドのデビュー10周年を記念し1996年にリリースされました。

評論家から「カッコばかりでろくに演奏できない」などと批評され、また、コアなメタルファンからは(その売れ筋路線のポップな楽曲のため)毛嫌いされたPoisonですが、この作品を聴けば、彼が非常に豊かな音楽的才能を有していたかがわかります。

彼らの魅力はそのポップで爽やかな楽曲たち。ロックは好きだが「メタル」となるとちょっとダメかな。。という人でも、すんなり馴染めるような楽曲でいっぱいです。かのBon Joviとも肩を並べられるほどの大衆性をもってます。

今まで食わず嫌いだった人も、1度彼らの軌跡を辿ってみてはいかかでしょう。ロックチューンは底抜けに楽しく、バラードはとにかく切なく甘酸っぱい。そんな彼らの楽曲を聴きながら、僕は青春をノーテンキに過ごしていました。ほんと1曲1曲に思い出がいっぱい詰まってます。


いつもカラーリングに失敗していた優男の"ジョニー"。一見クールだけど、彼女の前では超甘えん坊の”ひろ”。よく3人でつるんで、バカなことしてたよな・・・・。あの頃は3人でいるのが当たり前に思っていたけど、今考えるとあの時が一番楽しかったよ。最近はなかなか連絡もとれなくってしまったけど、俺はずっと親友だと思ってるよ。我等3バカに栄光あれ!

収録曲
01. Nothin' but a Good Time
02. Talk Dirty to Me
03. Unskinny Bop
04. Every Rose Has Its Thorn
05. Fallen Angel
06. I Won't Forget You
07. Stand
08. Ride the Wind
09. Look What the Cat Dragged In
10. I Want Action
11. Life Goes On
12. (Flesh & Blood) Sacrifice
13. Cry Tough
14. Your Mama Don't Dance
15. So Tell Me Why
16. Something to Believe In
17. Sexual Thing
18. Lay Your Body Down

Fallen Angel - Poison
I Wont Forget You - Poison
Every Rose Has Its Thorn - Poison
 
コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
リンク
ブログ内検索
 
 
カレンダー
 
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
小さな天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。