カウンター
 
 
Twitter
 
 
プロフィール
 

Lime Flavor

Author:Lime Flavor
スムースジャズ、80年代ミュージックが好きな子供おじさんのブログ。乏しい音楽知識と語彙力は、熱意と底力でカバー!(笑

写真は、このブログのマスコットキャラクター「ぴーちゃん」です。
ヨロシクだぴー♪

ブログランキングはじめました。
↓↓押してくれると嬉しいです♪

 
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
 
[ジャンルランキング]
音楽
4685位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
489位
アクセスランキングを見る>>
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

Natalie Imbruglia / Left Of The Middle

 
2006/11/26(Sun) Category : Rock・Pops
レフト・オブ・ザ・ミドルレフト・オブ・ザ・ミドル
(1998/04/01)
ナタリー・インブルーリア

商品詳細を見る


Tornの清涼感は何処に?湿ったじめじめサウンド。

今日紹介するのは、Natalie Imbrugliaの1st「Left Of The Middle

僕が、このアルバムを手に入れたのは、高校1年生の時。当時、ある年上の女性に恋していて、その人が紹介してくれたのが、このアルバムだった。そのころの僕はハードロック一色で、その他のジャンルの音にはてんで興味が無かったけれど、その人の紹介ってだけで何度も聴いた。正直な所、鳴っている音なんて関係なかったし・・・・・・。やっぱり"恋のパワー"ってのは凄い。


さて、このナタリーさん。やけに美人だなと思ったら女優だったのね。シンガーデビューする前はオーストラリアの人気番組「ネイバース」に2年間出演しており、03年には映画にも出ているそうな。「ネイバース」と聴いて思い出したのが、カイリー・ミノーグ。たしかカイリーも「ネイバース~シンガデビュー」の流れだったと思う。

でも、カイリーは、ポップで明るい楽曲を引っさげ"かわい子ちゃん"路線で攻めてきたのに対して、ナタリーは"魔性の女"路線。

マイナー調の楽曲が多く、何処か湿った翳りのあるボイスで、じわりじわりと攻めてくるタイプ。米英2位の大ヒットソングで、日本でもCMでお馴染みの#1「Torn」のような、爽やかで透明感溢れるナンバーばかり並んでると思って買うと、痛い目にあいます。

確かに、メロはポップで、エッジの効いた曲が多いのだが、アルバム全体に湿り気と憂鬱な厚い雲がかかっていて、なんか、痒くなってきちゃう。そんな湿り気が最高潮に達するのが、#6「Smoke」。憂鬱な雨の夜に栄えそうなナンバーで、部屋の明かりを消してヘッドフォンで聴いたら、なかなか不気味。まぁ、こんな曲もたまに聴くにはいいですかな。


収録曲
01.TORN
02.ONE MORE ADDICTION
03.BIG MISTAKE
04.LEAVE ME ALONE
05.WISHING I WAS THERE
06.SMOKE
07.PIGEOND AND CRUMBS
08.DON'T YOU THINK?
09.IMPRESSED
10.INTUITION
11.CITY
12.LEFT OF THE MIDDLE

ちょっと試聴のコーナー






スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Eric Martin Band / Sucker For A Pretty Face

 
2006/11/18(Sat) Category : Rock・Pops
Sucker for a Pretty FaceSucker for a Pretty Face
(1997/03/21)
Eric Band Martin

商品詳細を見る


爽快度200%の青空ポップサウンド♪♪

今日紹介する作品はEric Martin Band / Sucker For A Pretty Face
83年リリースの本作はMr.Bigのボーカリスト、エリック・マーティンの事実上のデビューアルバムなんだけど、タイトルが「Sucker For A Pretty Face (可愛いお顔に目が無い人)」である。一瞬、俺の事か?なんて思ったりするのだが、よく見ればPretty Faceなのは、エリック自身だったりする。(可愛いお顔は40を過ぎた今でも健在)

こんな可愛い顔の男が、どんな歌声を披露するのかというと、これがなんと1度聴いたら2度と忘れないような乾いたハスキーボイス。しかも、エモーショナルな歌いまわしを得意とする実力派シンガーだったりするから驚き。結局エリックは、Mr.Bigというハードロックバンドに加入し、名を揚げたが、歌唱法のルーツは、Soul、R&Bあり、特にスティービー・ワンダーから多大な影響を受けたらしい。

さて、気になるのは作品の出来栄え。「無名時代のモノだから、どーせショボイだろ」と高を括っていたが、これがキャッチーでポップなメロ満載のアメリカンポップの良盤で、大当たりっ!!バラードナンバーの#5.10なんかはAORちっくだったりして、今ではMr.Bigよりもこちらの方が好みかも・・・・・。

サウンド的には、MR.BIGよりLOVERBOYなんかに近いかな。メンバーの演奏もハイスクールバンドのような、フレッシュさに満ちており、なんとも軽やか。爽快度200%の青空サウンドでございます。これはオススメ。


収録曲
01. Sucker For A Pretty Face
02. Don't Stop
03. Private Life
04. Ten Feet Tall
05. Letting It Out
06. Young At Heart
07. Just Another Pretty Boy
08. One More Time
09. Catch Me If You Can
10. Love Me

ちょっと試聴のコーナー



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
リンク
ブログ内検索
 
 
カレンダー
 
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
小さな天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。