カウンター
 
 
Twitter
 
 
プロフィール
 

Lime Flavor

Author:Lime Flavor
スムースジャズ、80年代ミュージックが好きな子供おじさんのブログ。乏しい音楽知識と語彙力は、熱意と底力でカバー!(笑

写真は、このブログのマスコットキャラクター「ぴーちゃん」です。
ヨロシクだぴー♪

ブログランキングはじめました。
↓↓押してくれると嬉しいです♪

 
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
 
[ジャンルランキング]
音楽
4308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
459位
アクセスランキングを見る>>
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

傑作PV集 ♪モダンアフロ編♪

 
2009/06/30(Tue) Category : 傑作PV集♪


ライムが「これはすごい!」と感じたPVをご紹介するこのコーナー。

本日紹介するPVは、R&Bシンガー、Chaka Khanの「Through The Fire」。1984年にリリースされたアルバム「I Feel For You」からのセカンドシングルで、作曲はかのデイヴィド・フォスター氏。

髪の毛が多すぎるのも困ったものという典型的な例。その優れた保温性のため、当時、チャカの髪の中には2匹のうさぎが住み着いていた・・・・・・・というのは嘘のようで本当の作り話

スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

ELT Songs From LA

 
2009/06/29(Mon) Category : Rock・Pops
ELT Songs fromELT Songs from
(1999/08/25)
オムニバスレイラ・ハザウェイ

商品詳細を見る


家のお酒がよい感じに仕上がってきたので、今日は初テイスティング。不味くもないが、もうしばらく置いておくほうがよいと感じたため、ウオッカで改めて飲みなおし。唐突にアルバム紹介なんてしちゃいましょうか♪♪

本日紹介するCDは「ELT Songs From L.A.」。これはELTの楽曲を、西海岸のミュージシャン達がカバーするという企画物。

実は、これがとんでもないメンツなんだ・・・・・。

リー・リトナー
スティーブ・ルカサー
ジェイ・グレイドン
アブラハム・ラボリエル
ポール・ジャクソンjr
ヴィニー・カリウタ・・・・・・・


まだまだいきますよ

マイク・ポーカロ
マイケル・ランドウ
パトリース・ラッシェン
ジェリー・ヘイ
ビル・チャップリン
トミー・フェンダーバーグ
ジェイソン・シェフ
ジョセフ・ウイリアムス・・・・・など


はい。購入決定。

2曲目「今でも......あなたが好きだから」は、トミー・フェンダーバーグとジェイ・グレイドンが共演。フォスターこそ居ないもののAIRPLAY。

8曲目「Dear My Friend」では、マイク・ポーカロ、スティーブ・ルカサー&ジョセフ・ウイリアムスの80年代中期~後期のTOTOのメンバーが共演。


さて、サウンドの方はといいますと、あらかじめメロ譜とコード進行しか渡していないので、出来上がった楽曲は、オリジナルからかけ離れた想像を絶するものとなっております。

フィリップ・イングラムがヴォーカルを採る、ラテン調の「Future World」。リー・リトナーの絶品ソロが炸裂するジャジーな「Looking Back On Your Love」。「出逢った頃のように」はゴスペルソングにはやがわり。どれも至上の出来栄えで、彼らの力量にただただ関心するばかり。

とくに秀逸なのがジェイソン・シェフ&ビル・チャップリンの強力コンビがボーカルを採る3曲目「Over And Over」。聴いたら多分笑います。まんまシカゴなんです(笑)

企画物ですが、魅力的な作品なのでよろしければお手元に1枚どうぞ。なかなかオススメです!!

収録曲
01. たとえ遠く離れてても... (マリリン・マーティン)
02. 今でも…あなたが好きだから (トミー・ファンダーバーグ)
03. Over and Over (ジェイソン・シェフ)
04. Face the change (エイミー・スカイ)
05. Future World (フィリップ・イングラム)
06. For the moment (メアリー・ラムジー)
07. All along (タニア・ケリー)
08. Dear My Friend (ジョセフ・ウィリアムス)
09. Time goes by (ナターリア)
10. Looking Back On Your Love (レイラ・ハサウェイ)
11. Here and everywhere (ジェヴェッタ・スティール)
12. 出逢った頃のように (クーク・ハーレル聖歌隊)


Over and Over - Jason Scheff
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

傑作PV集 ♪バカップル編♪

 
2009/06/28(Sun) Category : 傑作PV集♪



面白系、感動系ジャンルを問わず、ライムが「こりゃ、すごい!!」と思ったPVをご紹介していくこのコーナー。

本日紹介する名作PVは、スムースジャズ・ギタリストでシンガーとしてもご活躍中のJonathan Butlerの「Take Good Care Of Me」。1987年リリースのセカンドアルバム「Jonathan Butler」からの1曲です。

絵に描いたようなバカップルぶりを御覧あれ!この頃のジョナサンは、田舎のあんちゃんぽくて好感がもてるなぁ♪

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Michael Jackson / Heal the World

 
2009/06/27(Sat) Category : 楽曲紹介


さようならマイケル・・・・・そして素晴しい歌声をありがとう!
俺は、あなたの歌をこれからもずっと聴き続けます!!

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

夏を先取り!スムースジャズギター特集♪

 
2009/06/25(Thu) Category : 楽曲紹介
みなさんこんばんはー。いやぁ、毎日暑い日が続いていますね。湿気もすごいが、とにかく日差しが強い。まだ6月なのに、気分はすっかり夏ですよ

本日はスムース・ジャズ・ギターのコンピレーションを作ってみました♪♪爽やかでリラックスできる楽曲ばかりなので是非聴いていってくださいね!


MusicPlaylist
Music Playlist at MixPod.com


 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Motley Crue / Raw Tracks 2

 
2009/06/25(Thu) Category : HR・HM
raw tracks 2

今夜も、ほろ酔いでよい気分になったので、さくっとアルバム紹介。ご紹介するのはモトリー・クルーの「Raw Tracks 2」

日本限定発売のミニアルバム「Raw Tracks」の第二段。リリースは1990年。収録曲は以下の通り。

01. Teaser
02. All In The Name Of.....(Live)
03. Girls, Girls, Girls (Live)
04. Slice Of Your Pie
05. Without You

トラック1は、トミー・ボーリンのカバー。トラック2と3は、89年モスクワ・レーニンスタジアムでのライブテイク。ヴィンスの喉は絶好調のもよう。きちんと声が出ています♪トラック4と5は、前年(89年)にリリースした「ドクター・フィールグッド」からの楽曲。

本作は現在廃盤ですが、ブッ○オフなど中古店でよく見かけるので、気になった方はチェックしてみてね♪♪

 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

ゴキブリ出現(ΦДΦ)

 
2009/06/24(Wed) Category : 雑記


本日、我が家の台所にてゴキブリ発見。わたしはね、蜘蛛も毛虫もカミキリムシも平気だけど、ゴキブリは怖くてしかたがないんだ。

そりゃね、あいつらも、家の主に見つかったら「ばれてしまいましたか・・・退散させていただきます」なんて謙虚さがあればよいですよ。でもそんなのあるわけがない。

まてよ・・・・こっちが家出すればいいのか・・・・などとアホな考えも頭をよぎりましたが、なんとか無事に仕留めましたよ。本当にゴキブリって怖い生き物ですねぇ

曲はレイ・パーカーjrで「Ghostbusters」。ゴキブリも一緒に倒してくれ。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Skid Row / Slave To The Grind

 
2009/06/24(Wed) Category : HR・HM
Slave to the GrindSlave to the Grind
(2008/10/28)
Skid Row

商品詳細を見る



真夜中になり、またしとしとと雨が降り出した大阪。昨日と同様キューバ・リブレでいい感じによっぱらったので、唐突にアルバムレビュー!

紹介しますは、へビィ・メタルバンドSkid Rowのセカンドアルバム「Slave To The Grind」まぁ、深夜に聞くにはちとヘビーすぎる作品ではありますがね・・・・・。

僕のおぼろげな記憶を辿れば、メタルバンドの作品で、アルバムチャート初登場第1位に輝いたのは本作が初だったかと。(ただし転げ落ちるのも早かった)

このアルバムを聴いて、ひしひしと感じるのは「スキッズはボンジョビのように大衆ウケするバンドではなく、メタリカ、パンテラといった"コア"なバンドになりたかったのだろう」ということ。

デビューアルバムでは、コンパクトに纏まった小奇麗なメタルソングと、「I Remember You」に代表される美しいバラードを聞かせた彼らですが、本作ではスラッシュよりの重く激しい楽曲が展開されており、たいへん"男臭い"アルバムに仕上がっています。

個人的には、1st>>>2ndなんですが、本作で聴けるバスのボーカルは鬼神迫っていて、いつ聴いても凄まじいですね♪

特に思い出深い楽曲は、#7と#9。#9は地元のショボイ夜景を見ながらよく聴いたなぁ。当時のわたくし中学校2年生。学校サボったり、初めて髪染めをしたりと、いま思えば中2病全開でした

収録曲
01. Monkey Business
02. Slave to the Grind
03. Threat
04. Quicksand Jesus
05. Psycho Love
06. Get the Fuck Out
07. Livin' on a Chain Gang
08. Creepshow
09. In a Darkened Room
10. Riot Act
11. Mudkicker
12. Wasted Time





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

バジる?どうする?

 
2009/06/23(Tue) Category : 植物栽培記
バジル

先週のはじめ、なんとなしに蒔いたバジル。ゴマよりも小さいな種を、ザーっと蒔いた結果、こんなにもワシャワシャと茂ってしまった

で、ふと思ったのが「こんな量一体どうするよ??」ってこと。考えてみれば、僕はジェノバソースが大っ嫌い。パルメザンチーズの臭いを嗅ぐと気持ちが悪くなってしまうんです

とりあえず、チーズなしのジェノバソースを作るしかないかなぁ・・・・・・。いいレシピあったら教えてくださいね♪

本日紹介するのはスムース・ジャズギタリストDoc Powellの「We'll Make It Last」。ちょっと古い楽曲ですが(1996年)、とってもカッコイイですよ♪♪気分だけは西海岸



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

For80East / Noodle Soup

 
2009/06/22(Mon) Category : 楽曲紹介


先週末、難波の輸入食料品店でココナッツクリームを購入したので、今日はそれを使いお気に入りのカクテル「ピニャコラータ」を作ろうと楽しみにしていたのですが、夕食の買い物の際、パイナップルジュースを買うのをうっかり忘れてしまい、結局今夜はキューバ・リブレもどきでお茶を濁すはめになってしまいました・・・・・。ライムの代わりにレモンを使った、このキューバリブレ"もどき"もかなり美味しいんですがね

そうそう、ライム、レモンといえばこのブログのことなんですが、テンプレートを変えたのをお気づきになられましたか?前のに比べ、シンプルで清涼感に溢れたこの柄、かなり気に入っています

上に貼った楽曲はFour80Eastの「Noodle Soup」。アルバムの中で唯一スムースジャズ・ライクなこの曲。真夜中のドライブなんかにぴったりだと思いませんか?
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

パキラの剪定

 
2009/06/22(Mon) Category : 植物栽培記
パキラ 切りもどし

室内で飼っているパキラが従長気味なので、思いきって切り戻しをしてみました

こちらが剪定後のパキラさん。なんだか華やかさが無くなった??切り取った方は、挿し木にして様子をみたいと思います。


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

BRIO AOR Best Selection ~Off Shore~

 
2009/06/19(Fri) Category : AOR
BRIO presents AOR Best Selection~Off ShoreBRIO presents AOR Best Selection~Off Shore
(2002/07/24)
オムニバスラーセン=フェイトン・バンド

商品詳細を見る

本日は、男性雑誌BRIOが監修を手がけた2枚のAORコンピ「AOR Best Selection」のうち、夕暮れ時のベイエリアのジャケがなんともCoolな~Off Shore~をご紹介いたします。

本作は、AOR2大メジャーレコード会社のソニーとワーナーから、ジャンルを代表する名曲ばかりを集めた良盤。リアルタイムで聴いていた人にとっては回顧録と、これからAORを聴こうとしている人にとっては入門書となりうる素晴しい作品です。

本作の特徴は、アルバムがDay SideとNight Sideに別れているところ。しかも、各サイドの始めとアルバムのエンディングには、波の音をさりげなく入れるというなんともニクい演出が・・・・シーンごとに聞き分けるのもよし。通して聴いてもよし。心地よい大人のロックに酔いしれてください♪

~Day Side~
01. Opening
02. Don't Worry Baby / Vapour Trails
03. Georgy Porgy / TOTO
04. Jojo / Boz Scaggs
05. What A Fool Believes / The Doobie Brothers
06. Take Me To Your Heaven / Wilson Bros.
07. Steal Away / Robbie Dupree
08. Biggest Part Of Me / Ambrosia
09. Is It You? / Lee Ritenour
10. Phantom Of The Footlights / Larsen-Feiten Band

~Night Side~
11. Break
12. Sailing / Christopher Cross
13. Sara / Bill Champlin
14. I'm A Camera / Marc Jordan
15. Down In Brazil / Michael Franks
16. Keep A Light On / Maxus
17. Suspicions / Eddie Rabbitt
18. I Go Crazy / Paul Davis
19. My Sweetness / Stuff
20. Ending
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

breeze sweet AOR best selection

 
2009/06/18(Thu) Category : AOR
breeze sweet AOR best selectionbreeze sweet AOR best selection
(2003/03/31)
オムニバスエイドリアン・ガーヴィッツ

商品詳細を見る


今日ご紹介するのは、「Breeze AOR Best Selection~Sweet~」。ビクター編纂のAORオムニバス"Breeze"シリーズの第4段として、2003年に発売された本作のテーマは、ずばり「春」。

ボビー・コールドウェルの「Come To Me」や、ギルバート・オサリバンの「Clair」、ランディ・ヴァンウォーマーの「Call Me」などを始めに、春らしいほのぼのとした楽曲がいっぱい収録されています。

部屋でひなたぼっこをしながら聴くのがオススメ。スピーカから流れるライト&メロウチューンと、春らしい柔らかな日差しが調和して、温かく親密な雰囲気が部屋の中に満ちてきます。

収録曲
01. COME TO ME / BOBBY CALDWELL
02. CLAIR / GILBERT O'SULLIVAN
03. OPEN UP MY WINDOW / CHRISTOPHER CROSS
04. HELLO IT'S ME / TODD RUNDGREN
05. THE HURTING PART / RUPERT HOLMES
06. CALL ME / RANDY VANWARMER
07. SAD EYES / ROBERT JOHN
08. FOLLOW YOUR HEART / NED DOHENY
09. FALLIN' / NICOLE WILLS
10. LOVE SPACE / ADRIAN GURVITZ
11. ONCE IN A LIFE / THE JOE CHEMAY BAND
12. HALFMOON BAY / JEFF LARSON
13. YOU NEED A HERO / PAGES
14. MAKING LOVE FOR THE FIRST TIME / BYRNE AND BARNES
15. YOU NEVER EVER CALL ME BABY / FRANKIE BLEU
16. BLAME IT ON THE NIGHT / ROBERT BYRNE
17. I WON'T BREAK / CAROLE BAYER SAGER
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

♪♪Let's Dance♪♪

 
2009/06/17(Wed) Category : 楽曲紹介
本日は、普段と赴きを変えて南アジア(インド・パキスタン)の音楽をご紹介します♪スムース・ジャズやロックもいいけど、元気になりたいならこれを聴け!辛いことも悲しいこともみーんな忘れて、今宵は踊り明かそうYo!(・∀・)♪♪








 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

ダニエル・ホー、ハーブ・オオタ・Jr / Step It Up

 
2009/06/16(Tue) Category : 楽曲紹介



最近、家のベランダに簾をかけてみたら、これがとっても涼しげで、思いのほかいい感じなんです。プランタの向日葵やらバジル、あと芝(笑)なんかも心なしか映えてみえて、我ながら”なかなか心地よい空間だなぁ~”などと思ったり身近なところに癒しがあるのは本当に良いコトですよね。

本日紹介する楽曲はダニエル・ホー&ハーブ・オオタ・Jrで「Step It Up」。この曲を一言で表すなら”ラブリー”なんて単語がピッタリでしょうかね。可愛らしいメロディーが印象的なナンバーです。(曲は50秒あたりから)
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Karyn White / The Way You Love Me

 
2009/06/15(Mon) Category : 楽曲紹介


実は、先週の金曜から日曜まで、福井の実家に帰省していたんです。僕は「最近つかれたから実家でゆっくりするかぁ~」なんて思っていたのですがね、いいところに帰ってきたと母親に仕事を押付けられてしまったのですよ・・・・・・。

と申しますのも、うちの母は家でもって、ちょっとした教室をしてまして、それに使うレシピを僕にパソコンで作って欲しいとの事なんです。その数凡そ40個・・・・・・。結局3日間パソコンの前にかじりついていましたよ

それで、まぁ仕事をしながら音楽でも聴こうと、昔焼いたCDーRを漁っていたときに見つけたのが上の楽曲。キャリン・ホワイトのデビューアルバムからの1stシングル「The Way You Love Me」。作曲はベビー・フェイス&LAのコンビ。

懐かしいですね~。丁度、高校3年生の終わり頃。当時付き合っていた彼女と上手くいかなくて、なんとなく暗い、そんな時期に聴いていた楽曲なんです。思わずタイプの手を止めて聴き入ってしまいました。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Ratt / Nobody Rides For Free

 
2009/06/11(Thu) Category : 楽曲紹介



昨日、右肘が痛いと書いたのですが、一晩あけたらあら不思議。大分痛みがよくなっていました。(アイスノンの上に肘を置いていたのがよかったのかな?)

とりあえず様子を見ながら腕のトレーニングを再開。久々に二頭筋を鍛えました。僕は胴回りに比べ腕が細いので、夏までには少しでもサイズアップできればよいなぁと思っています。

正直、筋肉痛は煩わしいし、8月までにダニエル・クレイグのような身体になる!という目標は達成できそうにありませんが、それでもコツコツ続けているのは、筋トレ自体が性に合っているからかもしれません。

もともとサッカーや野球、バレーボールなどの団体競技より、スキーやジョギングといった個人競技のほうが好きなライムでした。


本日紹介した楽曲はLAメタルの雄、RATTの「Nobody Rides For Free」。キアヌ・リーブス主演の映画ポンイント・ブレイクの主題歌に使われた楽曲。91年に発売されたベストアルバムに収録されています。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback1
 
 

Jeff Kashiwa / Hyde Park

 
2009/06/10(Wed) Category : 楽曲紹介



今週月曜あたりから、どーも右肘が痛い。曲げるたびになにか引っ張られているような痛み。これがアンメルツをいくら塗っても治らないんだ。

なんで痛めたのかな~と考えてみると、先週の金曜日にダンベルフレンチをしすぎたせいか、週末に腕枕をしたからか定かではない。ホント困ったもんですねぇ。えぇ。


話はころっと変わるんですが、ベースのお話なんですがねぇ。最近、David Benoitの「Freedom At Midnight」と、Jeff Kashiwaの「Hyde Park」を練習しているんです。どうせなら好きな曲を弾いてスキルアップを目指したいと思いましてね。まぁ、「Hyde Park」はメロディーラインをなぞっているだけなんですけどね。それはそれで、なかなか面白いものなんですよ。というわけで、本日は稲ジュン口調でおとどけいたしました。

 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Richard Marx / Too Late To Say Goodbye

 
2009/06/05(Fri) Category : 楽曲紹介


昨晩、カーフレイズを200回ほどしたところ、案の定今日は筋肉痛。

これがものすごい痛みで、(ヨガの)ダウンドックのポーズでもしようものなら涙が出るくらい。ふくらはぎの筋肉は毎日鍛えてOKみたいなことをどこかで見た気がするけど、今日はとにかく安静にしておこう。。

そういえば、これはジェイカトラーの動画を見て知ったのですが、ふくらはぎの筋肉って縦に2パックに割れるんですね。さすがボディビルダーは違います。

さて、今日はダンベルフレンチで三頭筋を鍛えるか!BGMはリチャード・マークスの「Too Late To Say Goodbye」!
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Ratt / Body Talk

 
2009/06/03(Wed) Category : 楽曲紹介


最近、10代の頃に好きだったハードロックやヘビーメタルのCDを引っ張りだしてきてよく聴いています。主なアーティストは、スキッド・ロウ、モトリークルー、ラット、プリティ・メイズ、ポイズンなど、80年代のモノばかり。

特に今、マイブームとなっているのが↑に貼ってあるRattの「Body Talk」。アルペジオのイントロから、スピディーなリフになだれ込むあたりは今聴いても痺れますね♪オリーブオイルのような色の髪を逆立て、この曲を聴きながら闊歩していた高校時代。いま考えれば少々痛々しくも、よい時代だったなぁと思う今日この頃でありやす。

私は不良ではなかったので誤解なさらずに。ローIQ、ハイエナジーな馬鹿者だっただけです(汗)
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

禁煙1周年達成!!

 
2009/06/02(Tue) Category : 雑記


本日6月2日をもちまして禁煙開始1年が経過しました!これまで何度もタバコに悩まされ、何度禁煙に挑戦しても挫折し、自分の意思の弱さを嘆いていた私ですが、今回は特に大きな山も谷もなく、無事に1周年を迎えることができました。

禁煙を応援し、力になってくれたレモン。本当にありがとう。君のお蔭で何回も救われました。

次にチョコレート。貴方の力は絶大でした。口が寂しくて仕方ない時、口いっぱいに広がるあなたの甘さには何度も助けられました。貴方が居なければ今日を迎えることはなかったでしょう・・・・・

そして、自分へ。ホントよく頑張ったよ。一年前、最後のマルボロライトを吸いながら「止めようかな。どうしようかな・・・・」って情けないこと考えてた割には我慢強かったな!ちょっと見直しました。


最後に今、禁煙で苦しんでいる方々へ。何度失敗しても、自分を責めたりしないでください。禁煙したいという意思があれば、達成できる日が必ず来ます。たかが煙草、されど煙草。でもやっぱりたかが煙草。あなたの禁煙生活、応援してます。

 
コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
リンク
ブログ内検索
 
 
カレンダー
 
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
小さな天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。