カウンター
 
 
Twitter
 
 
プロフィール
 

Lime Flavor

Author:Lime Flavor
スムースジャズ、80年代ミュージックが好きな子供おじさんのブログ。乏しい音楽知識と語彙力は、熱意と底力でカバー!(笑

写真は、このブログのマスコットキャラクター「ぴーちゃん」です。
ヨロシクだぴー♪

ブログランキングはじめました。
↓↓押してくれると嬉しいです♪

 
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
 
[ジャンルランキング]
音楽
2507位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
322位
アクセスランキングを見る>>
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

スーパーギタリスト Norman Brown

 
2011/02/27(Sun) Category : 楽曲紹介

スムース・ジャズ系のギタリストNorman Brownのライブ映像。2ndアルバム「After The Storm」をリリースした90年代中ごろのライブ演奏だと思われます。
Norman Brownのギタースキルの高さは、アルバム音源で十分承知していたつもりでしたが、この動画を見て私が最も驚かされたのは、そのピッキングフォームの綺麗さですね。手首のスナップを上手に使っているから、細かいフレーズでも芯のある明瞭なサウンドが出せるのですね!
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Jude Cole / A View From 3rd Street

 
2011/02/25(Fri) Category : Rock・Pops
View From 3rd StreetView From 3rd Street
(1990/03/27)
Jude Cole

商品詳細を見る

アメリカのシンガーソングライター、Jude Coleが1990年にリリースした2ndアルバム「A View From 3rd Street」

80年代後半から90年代の海外ドラマ(たとえばフルハウス)などで流れていた、爽やかで軽い感じのアメリカン・ロックが好きな方にお勧めの作品。初期のリチャード・マークスをよりポップしたようなサウンドと癖の無いボーカルで、聴きやすさは満点!ドライブのお供に最適です!





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

アコーステックギターの調べ

 
2011/02/25(Fri) Category : 楽曲紹介


トミー・エマニュエルとチェット・アトキンスのアコースティックギター・デュオ。シンプルですがとても素敵な演奏なので、是非聴いてみてくださいね!
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

ソウルはいかが??

 
2011/02/16(Wed) Category : 楽曲紹介




最近のいかにもな雰囲気のR&Bよりも、こんな懐かしい感じの軽めのソウルミュージックのほうが女の子ウケがよいかもね。春になったら、恋人や片思いの相手を誘ってドライブデートにでかけよう!
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

デート中の音楽なににする?

 
2011/02/09(Wed) Category : 楽曲紹介


ソウルシンガーNate Jamesの1stアルバム「Set The Tone」のオープニングナンバー。昔、デート中によく流した思い出があります。この曲が流れてくる度にアゲアゲな気分になってましたが、今考えれば俺一人だけテンション高くなっていたのかもね(笑)デート中のBGMを何にするかは、些細な悩みなようで大きな問題なんですよね・・・特に互いの音楽の趣味が異なっているような場合には。皆さまのところはどうなされてますか??
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

お知らせ

 
2011/02/07(Mon) Category : 未分類

ギタリストのゲイリー・ムーアさんが休暇先のスペインで亡くなりました。昨晩のJeff Goulbの記事の中で“ゲイリー・ムーアも真っ青な”という表現がありましたが、それを書いた時分には逝去のニュースを知らず、悪意のある表現では無かったことを断言しておきます。彼の素晴らしい歌声とギターを偲んで・・・・RIP
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Jeff Golub / Out Of The Blue

 
2011/02/07(Mon) Category : Smooth Jazz
Out of the BlueOut of the Blue
(1999/05/19)
Jeff Golub

商品詳細を見る


Smooth Jazzギタリストのプレイをいくつか聴いていると、このスムース・ジャズというジャンルにおいては、チョーキングよりスライド奏法が圧倒的に好まれているのが良くわかります。

その理由としては、楽曲をよりスマートに聴かせるため、泣きやコブシが出やすいチョーキングは敬遠され易いということが挙げられますが、中には例外がいるもの。

それが、今回紹介するJeff Golubさんなんですね。この人は元ロッド・スチュアートバンドのギタリストとして活躍していた人物で、ソロになってからはSmooth Jazzを演奏しているのですが、そのプレイスタイルはコテコテのブルース。絶妙なチョーキングコントロールを駆使しながら、“泣きのスムース・ジャズ”を聴かせてくれるのです。

あのゲイリー・ムーアも真っ青な泣きのフレーズを連発しつつも、ちゃっかりSmoothしちゃっているのがこの人の凄いところ。そんなJeff Golubの魅力を十二分に味わえるのが本作「Out Of The Blue」なんですね!下に視聴ファイルを貼っておくので是非聴いてみてください。その燻し銀的表現力にきっとビックリしますから。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

The Rippingtons / Cote D'Azur

 
2011/02/06(Sun) Category : Smooth Jazz
Cote D'AzurCote D'Azur
(2011/02/01)
Rippingtons

商品詳細を見る


ニューアルバム「Cote D'Azur」を聴いて、ラス・フリーマンは本当にブレない音楽家だと改めて思いましたね。1986年にアルバム「Moonlighting」でデビューして25年、ラス・フリーマンは同じ手法で同じキャンパスに絵を描いてきました。それは、太陽光の眩しいアメリカ西海岸であったり、情熱的なスペインやラテンアメリカであったりと様々ですが、どれも「ラスの作品だな」と分かる筋のピンと通ったものです。

本作「Cote D'Azur」は南フランスそして、(個人的には)南アジアにも趣を置いたと思われる作品で、新境地ともいえるアルバムですが、サウンドの根本は相変わらずThe Rippingtonsそのもの。オールド・ファンにもこれから聴こうとする人にもお勧めできる作品です。

ライムのお気に入りナンバーは、コートダジュール版オーシャン・ソング「Postcard From Cannes」、ビバ!マハラジャ「Le Calypso」、ポール・ジャクソンJrあたりが弾きそうな「Provence」です!





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
リンク
ブログ内検索
 
 
カレンダー
 
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
小さな天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。