カウンター
 
 
Twitter
 
 
プロフィール
 

Lime Flavor

Author:Lime Flavor
スムースジャズ、80年代ミュージックが好きな子供おじさんのブログ。乏しい音楽知識と語彙力は、熱意と底力でカバー!(笑

写真は、このブログのマスコットキャラクター「ぴーちゃん」です。
ヨロシクだぴー♪

ブログランキングはじめました。
↓↓押してくれると嬉しいです♪

 
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
 
[ジャンルランキング]
音楽
2507位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
322位
アクセスランキングを見る>>
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

話題騒然!フレディー・マーキュリーのそっくりさん

 
2011/09/28(Wed) Category : 雑記


ヤフーニュースでも取り上げられた、QueenのFreddie Mercuryのそっくりさん。

Youtubeのコメント欄に、「Queenの楽曲の雰囲気を壊さずに歌うことができるのは
ジョージ・マイケルと彼だけだ」という内容のコメントがありましたがなんだか納得。
この人の場合、フレディの歌い回しも忠実に再現しているところが凄いですね。

これだけクオリティが高くて、しかも顔まで似ているとなれば、
彼をボーカルに迎えてクイーン再結成なんて話に・・・・・・ならないか。
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment5  |  Trackback0
 
 

ピアノソング大募集中!

 
2011/09/27(Tue) Category : 楽曲紹介
今日はなんだかピアノが聴きたい気分と、いうことで
本日はピアノの伴奏が綺麗な楽曲を3つ紹介します。
のんびりしていってくださいね♪♪

同時にピアノが美しい洋楽を大募集中です。
オススメ曲がありましたらコメ欄で教えてね
紹介してもらった楽曲は後日、記事で取り上げたいと思います♪







 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Ratt & Roll 8191 / Ratt

 
2011/09/27(Tue) Category : HR・HM
Ratt & Roll 8191Ratt & Roll 8191
(1991/09/03)
Ratt

商品詳細を見る


お酒を飲みながら十代の頃に撮った写真を見ていたら、
無性に聴きたくなってCD棚の奥から引っ張り出してきた。

Rattのデビュー10周年を記念して発売されたベストアルバム「Ratt & Roll 81-91」
数字の"81-91"とは、彼らがデビューした年とこれをリリースした年を意味している。
Rattといえば同じく1981年に登場したモトリー・クルーと共に"LAメタル"というジャンルを確立し引率していったバンドだけど、89年のドクター・フィールグッドで最盛期を迎えるモトリーとは対照的に、ラットはデビューアルバムで頂点を極めその後尻すぼまりという歴史を辿った。

僕自身の話ではモトリー・クルーは未だに新作が出るとチェックしているし、見には行かないものの来日情報も調べているけれど、Rattに関してはこの1991年で完全に時が止まってしまっている。過去に所有していた作品も、なんやかんやで手放してしまい手元に残っているのは、コレと1stアルバムの「Out Of The Cellar」だけ。ほんとうに全部売却しなくてよかった・・・・。

ビールを飲みつつ冒頭から聴き進めていくと、どの曲もとても懐かしく、いろんな思い出が蘇ってくる。"Body Talk"は有志で制作したビデオドラマ(内容が恥ずかしすぎて冷静に見ることができるのは50年後)で使ったなとか、"Nobody Rides For Free"を聴きながら登校時に見た青空綺麗だったなとか。そんな思い出効果もあるかもしれないけれど、数年ぶりのラットンロールは昔と変わらず魅力的にきこえた。これを機会に最近の彼らの動向もチェックしてみようかな。

それにしてもスティーヴン・パーシーの股間は、なぜあんなにもモッコリしていたのだろう。ズボンの内側にマンゴーを詰めているんだ!なんて噂があったけれどホントかな??そこは今更チェックする気もないけれど(笑)

【ちょっと視聴コーナー】


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Can't Get Enough / Tommy Emmanuel

 
2011/09/26(Mon) Category : Smooth Jazz
Cant Get EnoughCant Get Enough
(2004/01/20)
Tommy Emmanuel

商品詳細を見る


すっかり秋めいてきて夏の暑さを忘れつつある今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか。本日紹介する作品はTommy Emmanuelの"Can't Get Enough"
1996年リリースの作品でございます。

いまではすっかりソロギタリストとして認識されているTommy Emmanuelですが、
ここに収められている音は、どこをどう切ってもスムース・ジャズ!

Larry CarltonやChet Atkins、Nathan East、Warren Hillなどの
豪華ゲストと共に奏でられるトミーのアコースティック・ギター(スチール弦)の
じつに心地よいこと。ときには疾風の如く軽やかに、ときには木漏れ日のように優しく変幻自在にギターを弾きこなす姿は、さずがギターレジェンドのChet Atkinsから「世界一ギターが上手い奴」といわれるだけのことはあります。(彼のギタースキルを堪能したい方は是非ソロギターのアルバムを)

しかし、私がここで特筆しておきたい点は、ギターの技術ではなく、彼の作曲能力の素晴らしさ。まるで歌入りの楽曲用に書いたかのような口ずさみやすいメロディーと、聴き手を飽きさせない巧みなアレンジ術にはただただ感心するばかり。
これが彼をソロギタリストとしても成功させた一番大きな理由でしょう。

捨て曲無しの名盤。スムース系のCDはそれなり沢山聞いてきましたが、
これほど質の高いアルバムにはなかなか巡り合えません。
是非聴いてみてください♪

【ちょっと視聴コーナー】






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このCDいいかも!!と思った方はプロフ欄のランキングボタンを
ポチっとしてね♪押してくれたら嬉しいです
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

買い物

 
2011/09/24(Sat) Category : 雑記
買い物

連休2日目。昨日はほぼ引きこもり状態でしたが
今日は天気がよかったので買い物に行ってきました

一人で近所のショッピングモールにでかけ、
ワインとモヒートとビールを買い込こみ
そして夕食に食べるカレーの食材を買いました。

それから帰り道に中古CDショップに立ち寄り、
250円コーナーで見つけたTrainのアルバムを購入。

今夜はモヒートを飲みながら
買ってきたCDを聴いて過す予定です。

と、そのまえに窓から見える夕焼けがとても綺麗なので
一足先にビールで乾杯 時折吹きこんでくる爽やかな風に、秋を感じます。
いつの間にか、ずいぶんと過しやすくなりましたね。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Clear / Workshy

 
2011/09/23(Fri) Category : Rock・Pops
クリアクリア
(2000/01/21)
ワークシャイ

商品詳細を見る


英国初の男女ポップデュオ、Workshyが2000年にリリースした作品。
ワーク・シャイといえば、R&BやAOR、ボサノバといった音楽をミックスした
洗練されたサウンドと、清涼感あふれる女性ボーカルが魅力の
お洒落系アーティストの代名詞的存在

このアルバムのの特徴はずばり「ソフト&メロー」
落ち着いた大人な感じの作風の曲が多く、聴いているだけで自分が
ちょっぴしスマートな人間になったかのような気分になれる作品。

カラフルなファッションで身体を着飾るように、
このアルバムを聴いて自分自身をめいっぱい着飾ってみてもよいのでは
そんな音楽の聴き方だっていいんじゃないの。


【ちょっと視聴コーナー】





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参考になったよ!という方はプロフ欄の
ランキングボタンをポチっとしてね♪
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

ホールド・オン!!

 
2011/09/22(Thu) Category : 楽曲紹介


宅地建物取引主任者試験まで残り1ヶ月弱。
民法と宅建業法に関してはそれなりに
得点出来るようになりましたが、その他の分野がサッパリ

税金のところ至っては、
テキストを読む気すら起こらないという状況。

若干焦りを感じつつ今もこうしてお酒飲んで
のんびりしてるんだからダメだよな~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日のBGMはWilson Phillipsの"Hold On"
今が正念場と思って頑張ろう。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

教訓的な楽曲

 
2011/09/21(Wed) Category : 楽曲紹介



本日のBGMはキャリン・ホワイトの"スーパーウーマン"
1988年にリリースされた彼女のデビューアルバムに収録されていた楽曲で
全米第八位を記録したナンバー。作曲はあのベビーフェイスだったかな。

じつは、これはなかなか教訓的な楽曲で、
私がこの曲から見つけた教訓は

1.どんな良妻賢母でも堪忍袋の緒が切れることもある
2.して当然,できて当然という考えは人間関係をギクシャクさせる
3.時たまのハグだけでは夫婦間は円満に成り立たない
4.家事を放棄することも必要な時がある

好いた惚れたもいいけれど、こういった教訓めいた楽曲もいいね
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

In Deep / Marion Meadows

 
2011/09/16(Fri) Category : Smooth Jazz
In DeepIn Deep
(2002/07/23)
Marion Meadows

商品詳細を見る


帰り道にふらりとよった中古CD屋でみつけた商品。

Marion Meadows・・・・・
たしかSmooth Jazz系のアーティストだったかな・・・・

程度の認識しかなかったけれど、アルバムの裏面に
Will DowningやBob Baldwinの名前を見つけたので
購入してみました。(とーっても安かったしね 笑)

それで、さっきからワインを飲みつつ聴いているワケですが、
このアルバム、ワインがとてもよく似合う!!

ジャズファンク寄りのスモーキーで大人なSmooth Jazzサウンド。
サックス系Smooth Jazzの醍醐味である高揚感をもたせつつ
チルアウト効果も抜群。

適所にフューチャーされているWill Downingの渋系コーラスが
また素晴らしく、適度にラグジュアリーな雰囲気も感じる
まさに秋の夜長に映える作品です。

夜はなんとなく秋らしさを感じられるようになってきたこの頃。
このアルバムを聴きながら、秋の夜長を楽しみませんか??


【ちょっと視聴コーナー】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このアルバム、いいかも!と思った方はプロフ欄の
ランキングボタンをぽちっと押してもらえると嬉しいです♪

 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

ディープ・フライド・バター 【バターの揚げもの】

 
2011/09/14(Wed) Category : 雑記


http://www.youtube.com/watch?v=rUJjW3I65e4

アメリカでものすごいお菓子を発見!!その名も"ディープ・フライド・バター"。
これは、棒状のバターにホットケーキミックスをからめて油で揚げたもの。要は、中にバターが詰まったアメリカンドックってな感じでしょうか。

この見ているだけで胸やけしそうな商品は、アメリカの遊園地などの露店を中心に販売されていて今話題のメニューの一つなのだとか。食べた人によるとフレンチトーストやシナモン・ロールに似た味がするようですが、映像を見る限りではバターの味しかしなさそうすね(笑)

とにかく、アメリカ人のフライ好きには改めてビックリです。このバターを滴らせながらフライを食べるシーンを見て、以前放送されていたアメリカのグルメ番組でレポーターが冗談混じりに放った言葉を思い出しました。









"・・・・・・フライにするとなんでも美味い。たとえ君の指でもね・・・・・・・・"




おそるべし。アメリカ人(笑)

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

今夜はThe Rippingtons三昧!!

 
2011/09/10(Sat) Category : 楽曲紹介
ここ数日、昼間は風がここちよく夜は肌寒くかんじるほど涼しく、台風と共に夏の面影もすっかりなくなったな。などと思っていたのですが、今日はまるで夏が舞い戻ってきたかのような暑さ。窓から射しこむ日差しも強く一日中窓を閉め切りクーラーをつけていました。

本日紹介する動画はこちらの2本。どちらもThe Rippingtonsの楽曲の詰め合わせ。1つ目は、デビューから「Weekend In Monaco」までの楽曲が、2つ目の動画は「Sahara」から現時点での最新作「Cote D’azur」までの楽曲が集められています。The Rippingtonsを聴きながら良い週末の夜をお過ごしください♪

動画中に流れてくるコメントが気になる方は、吹きだしマークをクリックし非表示にしてくださいね。





 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

所さんの果物のむきかた講座

 
2011/09/08(Thu) Category : 雑記


オレンジを食べやすく見た目も綺麗に切り分ける方法とは?
甘みの少ない端切れをつくらないスイカの驚きの切り方とは??
これを見てから我が家でも所流を採用してます。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

耳疲れ

 
2011/09/07(Wed) Category : 雑記


いまさらながらオリアンティのアルバムを買って聴いてみたけれど想像以上にハードなロックサウンドでびっくり。フックの効いたメロディーや(歳に似合わない)渋系ギターはまさに僕好みなんですが、なぜかアルバム半分聞いたあたりで「とりあえずここまでにしよう・・・・」となってしまう。

これはオリアンティに限らず、ドートリーやニッケルバック、トレインなんかを聴いても同じだから、単に年齢とを重ねる過程で静かな曲が好きになっただけなのかもしれないと考えていたのだけど、不思議なことに80年代頃のロックソングは比較的うるさくても今でも聴いていられる。もしかしたら今のサウンドは私の耳にはソリッド過ぎるのかな??

本日のBGMはBeau Coupの"Sweet Rachel"
80年代産業ロックの隠れた名曲です。
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

今日の日記

 
2011/09/04(Sun) Category : 雑記
本日のアクティビティ
めかくし
昨日の強風でベランダの目隠しが外れてしまったので修理。張り付け直すこともできたけれど、ブラインド自体がだいぶ痛んできていたため、ホームセンターへ行って新しいものを買ってきました。安価だけれど、見た目はそれなりかな。


シェフレら
ホームセンターの帰りに寄った花屋で見つけたシェフレラ。
あまりの可愛さに一目惚れ。帰宅後さっそく家にあった透明の鉢に移し替えました。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

1986オメガトライブ - Super Chance

 
2011/09/03(Sat) Category : 楽曲紹介



彼女の誕生日が近いので今日はふたりでどこかへ出掛ける予定だったけれど、生憎のこの台風で計画はオジャン。とくにすることもなくなったので、ビールを飲みながらYoutubeで音楽三昧

で、ふと聴きたくなったのが1986オメガトライブの"Super Chance"
この曲は、私が生まれから最初に好きになった楽曲で、私の音楽嗜好のスタンダード的な存在ですね。というのも、私が現在ラジオやCDを聴いて「いい曲だな~」と感じるタイプの曲は大概、この曲に似通った雰囲気の曲なんです。(たとえば、バブリーで華やかなサウンドとか、癖のないメロディーとか、単純な曲調とか・・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この曲を聴くと、僕がまだ幼いころ夏に福島の祖父母の家へ帰省する道中でのことを思い出します。当時はまだ北陸道が富山あたりまでしか開通しておらず、下道の海岸線を延々と走っていったわけですが、その時カーステレオでよく流れていたのがこの曲なんです。そのころはチャイルド・シートの設置義務もなかったので小さい私は、母親の膝の上にすわり海岸線沿いから見える海景色を眺めていました。

祖父母の家に行くワクワク感、綺麗なブルーの海、カーステレオから流れるオメガトライブ。その時の印象が強烈でこの曲を聴くと今でも鮮明に当時の事を思い出します。ホント、素晴らしい時間でした。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

この曲名教えてください!

 
2011/09/01(Thu) Category : 雑記


FourplayのギタリストChuck Lobeによるソロギター。
この曲の題名がどうしても思い出せないんです・・・・・
ご存じの方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
リンク
ブログ内検索
 
 
カレンダー
 
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
小さな天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。